古希祝いとは?その祝い方や相場・マナー・プレゼントなどの基礎知識

古希祝いとは、数え年の70歳にある「古希」をお祝いするものです。
では何故70歳を古希というのでしょうか?

古希の名前の由来は、中国の詩人・杜甫の詩の一節から来ています。
その一節とはこれ。「人生七十古来希なり」。
「70歳まで生きるのは稀(まれ)である」という意味になります。

昔は今と違い長生きされる方が少なく、70歳まで生きることが珍しい時代だったのですね。

この詩からいつしか、70歳を古希と呼ぶようになって、稀である70歳を長寿としてお祝いするようになりました。

古希祝いの色

古希のお祝いの色は「紫」です。
では何故紫色なのでしょうか?

昔、紫色は位の高い人以外は、身につけることを許されなかった高貴な色だったのです。
そのため紫色には「特別な色」という意味合いが含まれ、長寿への敬意を表す色と考えられました。
そういう背景から古希の色は紫に選ばれたようです。
他の長寿でも77歳の喜寿の色が紫色になっています。

古希はいつ何歳で祝うの?

古希はいつ祝うのか?
よく迷う疑問です。
70歳でしょ。何故迷うの?って話ですが、迷う原因は年齢の数え方にあります。

そう日本には満年齢と、数え年という2通りの年齢の数え方があるのです。
現在では数え年を使うことはほとんどありません。
だから、数え年自体を知らない方が増えています。

昔からの慣習から言うと、数え年70歳で古希をお祝いするわけですが、最近は満年齢でしか歳を数えないことから、満70歳で古希祝いされる方が増えています。
厳格に考えることなく、当事者と家族で話し合って、満年齢70歳にするか数え年70歳でお祝いするか、決めるといいでしょう。

古希祝いをするタイミング

いつ祝うのか?には2つの意味があります。
1つは、上で話した数え年か、満年齢かです。
で2つ目は、お祝いするタイミングですね。
例えば、誕生日なのか?とか。

70歳になったタイミングで言えば、満年齢なら誕生日。
数え年なら1月1日になります。

古希祝いの方法

古希の祝い方の基本としては、まず古希の色である紫色のものを贈るという習慣があります。
60歳の還暦祝いでは「赤いちゃんちゃんこ」ですが、古希祝いでは「紫色のちゃんちゃんこ」を贈るのです。
後は普通にプレゼントなどを渡して、家族や親族で祝ってあげます。

古希祝いに旅行に行く

古希祝いとして、旅行に行くのも喜ばれます。
家族で集まって旅行に行き、宿泊先のホテルや旅館で古希のお祝いをするのです。

70歳ともなると、子供はもう30歳を超えているでしょう。
そうなると、昔はよく行っていた家族旅行も機会も減ってきますよね。
だから、この古希祝いはいい機会だと思って、温泉などに行ってみるのもいいですよ。

親子水入らずで過ごす旅行は格別。
古希を迎えた方にとっても思い出に残る日になりますよ。

古希祝いに食事

旅行に行く時間がない方は、一緒に食事をするだけでも良いと思います。
70歳という年齢を考慮して、自宅から近い場所を予約しておきましょう。
年齢を考慮するのであれば、洋食よりは和食の方がおすすめ。

時間があるなら、家に帰ってから親子で晩酌するというのも素敵な演出です。
年齢とともに親子で話す機会も減ってくるものですが、今宵、古希祝いのこの日はゆっくりと、お父さんお母さんの70年の歴史を聞いてあげてください。

70歳古希のお祝い贈り物プレゼントランキング

70歳は古希です。
誕生日の中でも大切な節目になります。
なので古希のお祝いに贈り物をされる方は、いつもの誕生日とは違う思い出に残るプレゼントをされるわけです。

そんな古希祝いプレゼントの中で、特に今、売れていて話題になっているプレゼントをランキング形式でご紹介します。
古希のお祝い贈り物を選ぶ際の参考にしてください。

1位、花なまえの詩

古希を迎える方のお名前から、「あいうえお作文」のように詩を創作し、華やかなイラストと共に額絵にしてくれるサービスです。


受注製作で、世界にひとつのプレゼントになります。

「感動もプレゼントしたい!」ご家族の方から絶大な人気を誇る商品です。
またお客さんへの対応が親切丁寧だと評判で、いろいろなニーズにも快く応えてくれます。

以前、キリンビールさんの敬老の日のプレゼント商品に選ばれた実績もあるお店です。
安心してお願いできますよ。

 

⇒⇒⇒花なまえの詩ホームページはこちら

 

2位、毛利達男の名前の詩の贈り物

毛利達男の名前の詩も、名前から詩を作ってくれるサービスになります。
温かみのある和紙に、素朴な墨の風合い。

デジタル時代だからこそ喜ばれる昭和の香り。
古希世代にはどこか懐かしい、故郷の原風景を想い起こさせる贈り物です。

ショップを開設して14年。
7万件以上の販売実績がある信頼できるネットショップです。

 

⇒⇒⇒毛利達男「名前の詩」のホームページはこちら

3位、ピカソランドの似顔絵時計

古希のお祝いは、「長い時を刻んできた」「これからも元気で楽しく時を刻んで欲しい」という気持ちから、時計を贈られる方は多いです。

ただ古希祝です。
普通の時計を贈っても芸がありませんよね。
そこで今話題になっているのが似顔絵時計です。

似顔絵のクオリティが高くって、ほんとそっくりの仕上がりです。
衣装やポーズのバリエーションもたくさんあります。
時計をプレゼントするなら、似顔絵時計のようなオリジナル性の高いものが古希のお祝いには人気です。

 

⇒⇒⇒ピカソランドのホームページはこちら

 

2017年に満70歳で古希を迎える方が生まれた1947年はこんな年

2017年に古希を迎えられるのは、1947年に産まれた方ということになりますね。
1947年といえば太平洋戦争が終わった直後。
つまり、2017年に古希を迎える方は、日本で復興が始まった時代に産まれた人たちなのです。

新しい日本国憲法が施行された年

戦前から日本で使われてきた法律が、引き継がれるものも多い中で、新しい日本国憲法が施行されたのがこの年です。
日本に駐留し、進駐軍と呼ばれた連合国最高司令部が作成を進めさせたもので、現在の日本を作り上げる礎となった最高法規になります。

戦時中までの大日本帝国憲法を塗り替え、「ようやく日本に平和が訪れた」。
1947年はそんな時代だったのです。
しかし、日本はまだ進駐軍の管理下にありました。

しかも戦後です。
敗戦国ですし、物もありません。
ですから、自由が大きく制限され、苦しい時代でした。

また、最高裁判所や下級の裁判所などが整備された年でもあります。
現在まで続いている日本のしくみが、でき始めた年だったのです。
同じように現在でも通用している様々な法律も制定され、戦前からの大きな変化を迎える激動の時期となりました。

団塊の世代が産まれた年

何かと話題に登ってくる「団塊の世代」という言葉ですが、これは小説の題名を由来とする言葉です。
1947年から1949年の3年間に産まれた世代を指しています。
この期間に産まれた人数を合計すると、800万人を超えるほど多くの赤ちゃんが生まれました。

第一次ベビーブームとも言われている年代で、第二次ベビーブームと同等の出生数が記録されています。

これは戦時中の安定しない状態で、出産を控えるという傾向が続いていたことの反動が原因と言われ、結婚そのものもこの前後で増えているようですね。

「やっと子供が安心して育てられるようになった」。
平和が訪れたことを象徴する世代とも言えるかもしれません。

戦後の混乱期に産まれた、2017年に古希を迎える方たち。
苦しい戦後を生き抜いてきた経験をもつ方たちです。
これまでの苦労をねぎらう意味でも、盛大に古希をお祝いできるといいですね。

遠方に住む父母が70歳の古希を迎える時、おすすめなのがこんなお祝い電報

父母が古希を迎えることになるなら、ぜひ一緒にお祝いの場を盛り上げたいものですね。
しかし遠方に住んでいる場合、お祝いに参加するのが難しい場合もあるでしょう。
そんな時はお祝い電報で、祝う気持ちを伝えてみてはどうでしょうか。

電報には自由な文章でお祝いを

一般的なお祝いの場へ届けるために、定型文も用意されてはいます。
でも、お父さんお母さんの古希のお祝いです。
オリジナルの文章を贈ってあげるのがおすすめ。

気持ちも、こもります。
どこかで聞いたことがある文章ではありません。
だから、父母もきっと喜んでくれることでしょう。

予約は配達日の1ヶ月前から受け付けてもらえます。
文章が出来上がったら、早めに配達予約を済ませておくと安心ですね。

配達日は、お祝いを行う日の午前中とします。
ホテルなどの宴会場で催されるのなら、会場あてに送っておけば大丈夫ですよ。

ネットからでも簡単に申し込めます。
サイトで申し込みを行うと、料金を割り引いてもらえるサービスもあります。
空いた時間にでも予約しておくと、焦ることもありませんね。

装飾でお祝いらしい電報に

電報が届けられるときには、台紙に印刷された状態での配達となります。
この台紙も多くの種類から選ぶことが可能です。

お祝いなのですから、明るいデザインのものを選ぶのは基本。
さらに主役の好きなものなどをテーマとした台紙を選べば、気が利いていますね。

また記入してもらう書体も、毛筆書体のように普通の書体とは違ったものも選ぶことが出来ます。
相手によって、書体を変えてみてもいいでしょう。

中にはお花とともに贈ってくれる、フラワー電報というサービスもあります。
電報そのものでも喜んでもらえるでしょうが、お花のセットならなお嬉しいもの。
花が場を明るくしてくれます。
古希のお祝いにはピッタリです。

最近の連絡手段は、メールのような電子機器を使ったものが多い時代です。
手紙すら使う人は減ってしまっています。
そんな現代だからこそ、あえて電報を選んでみる。
その選択が、古希祝いにマッチしているように思います。

70歳古希のお祝い、食事会にケーキを用意するなら

古希のお祝いでは、様々なごちそうを用意しますが、最後にはケーキを準備するご家庭も多いと思います。
古希にふさわしいケーキは、どのようなものが喜ばれるのでしょうか。

古希のイメージカラーは紫色ですが、こだわりのあるケーキにしたくても、さすがに紫色のケーキだと食欲が落ちてします。
還暦は赤色なので、チェリーやイチゴなどを使った見た目も華やかなケーキを用意できますが、紫色は避けたいですね。

縁起物

それなら古希のお祝いには縁起が良いケーキとして、デザインされたものが良いかもしれません。

例えば、お祝いは「めでたい」ことなので、お魚の鯛を可愛くデコレーションして描いたもの。
「福を招く」という意味合いの招き猫をデコレーションしたものも人気があります。

似顔絵

普通のケーキにメッセージを入れるだけでも、お祝い気分は十分に演出することができるでしょう。
でも、場を盛り上げるために似顔絵を入れたケーキはどうでしょうか?

ケーキ屋さんによっては、こだわりの似顔絵ケーキを作ってくれるサービスもあります。
近くのケーキ屋さんに聞いてみてください。

高齢者として扱われるのに抵抗を感じる人の場合、ち「ゃんちゃんこなど記念の衣装は着たくない」と言われてしまいかねません。
ケーキに描く主役に着せて書いてもらえば、さらに記念となるケーキにレベルアップさせることも可能です。

サプライズ

せっかくの古希のお祝いです。
ケーキを使ったサプライズをしかけてみるのも良いかもしれません。

写真ケーキ

おすすめは、ケーキに家族写真を描いてもらうこと。
写真ケーキはインパクトがあって、サプライズにはぴったりです。
思い出の一枚ならぬ、思い出の一口になるのではないでしょうか。
作ってくれる業者は、ネット上で探してもたくさん見つかりますので、それほど探す手間はかかりませんよ。
書き込んでほしい写真を送るだけ。
それだけで、写真そのままをケーキの上へ描いてもらえますから、注文も簡単ですね。

お花が好きな方やポーツが好きな方、釣り好きな方にはそれぞれの趣味や好きなものを描いたケーキでも良いと思います。

お孫さん

70歳の古希祝いを、孫も参加してお祝いするのであれば、席を盛り上げることができるケーキがいいでしょう。
最近は凝ったデザインでも作ってくれるところがあります。
お祝いに相応しいケーキを手に入れられるようになりましたよ。

ケーキは丸ばかりとは限りません

せっかく記念に作るケーキなのですから、お祝いのオリジナルケーキにしてしまっても面白いでしょう。
普通、ケーキは丸いものと思いがちです。
でも、長方形のものだって注文すれば作ってもらえます。

それに賞状のような柄を描き、感謝のメッセージを書き込んでもらう感謝状ケーキなら、喜んでもらえそうです。

また、ケーキで古希祝いが分かるような形を作ってもらう方法もあります。
例えば、「70」という数字の形にケーキを整形してもらうのです。
そうすれば、70歳の記念であることが、箱から出した瞬間に分かるケーキになりますね。

注文次第で、様々なケーキが作成可能です。
良いアイデアが思いついたら、まずは問い合わせてみると良いでしょう。

ケーキなら本人ばかりではなく、一緒にお祝いしている小さなお孫さんにも喜ばれるプレゼントとなります。
大好きな孫が喜ぶのを見ることができれば、お祖父ちゃんお祖母ちゃんも、きっと喜んでもらえる古希祝いとなるはずですよ。

 

古希のお祝いを自宅でやるなら

古希のお祝いは、当人が70歳ということで、外食でのお祝いが難しい場合もあります。
そのような時には、自宅でお祝いすることになりますよね。
また、体力的に移動が辛くなくても、ずっと暮らしてきた自分の家でお祝いをしたい。
そう希望する方も多いです。

古希のお祝い会を自宅でする

「家の飾り付け」「お祝いとして渡す記念品」「料理」の3つについて考えなければなりません。
飾りつけは、あまり仰々しく行うと当人が恐縮してしまうこともあります。
古希のお祝いに派手なデコレーションは似つかわしくないように思いますから、ほどほどがいいでしょうね。

 

古希のカラーは紫です。
外せないのは、紫のお花でしょう。
お祝いの時期にもよりますので、一概には言えませんが、紫陽花や桔梗など、季節のお花を品よく飾れば、喜ばれます

 

記念品も紫のものが主流です。
でも、当人の好きな色がはっきりしていれば、そちらを優先して下さい。
メッセージカードを紫色にする人も多いようです。
記念品の予算は、2~3万円くらいが一般的相場になります。

 

お料理は、近所の仕出し店に頼む人が多いです。
ご年配の方のお祝い事ということで、やはりお寿司が人気。
お店によっては、長寿祝いのメニューやオードブルを用意しているこころもありますよ。

古希のお祝いは、おせち料理のように決まった品はありません。
本人の好みや体調を第一に、美味しいものを選びましょう。

予算は一人当たり5,000円程度が一般的。
孫さんも参加するなら、子供たちの好みに合わせて、お子様ランチなどを用意するといいでしょう。

東京で70歳古希のお祝い会を開催するなら、抑えておきたいレストランをリストアップ

東京で古希祝いとして70歳を迎えた方にお祝いをするのなら、ぜひ抑えておきたいレストランがあります。
お祝いを盛り上げるためには、レストランをしっかり選ぶことも重要ですよ。

料理のコースで選ぶ

普通のレストランで一般的なメニューを頼んでも、楽しい食事会としては、十分に思い出深いものとなります。
でも、長寿祝いの専用プランとして、縁起物などを振る舞ってくれるレストランを選べば、さらに盛り上がる古希のお祝いとなるはずです。

都内であれば、レストランは無数にあります。
探してみればすぐに見つかるはずですよ。
中にはレストランとは言え洋食ばかりではなく、和食や中華も選べる様になっているお店もありますから、好みに合わせて選びやすくなりますね。

料理にはそれぞれにランクが設定されています。
人数と予算に合わせて現実的なランクを選択しましょう。
美味しい料理で、いつもは食べないような食材を食べられたら、きっと主役の顔もほころぶことになるはずです。

プラスサービスで選ぶ

料理に長寿祝いを狙ったプランが用意されているレストランなら、サービスもお祝いに向けたものが準備されているお店が多いです。

例えば、お祝い用のコース料理を注文することで、記念となるスナップ写真を撮影してくれたり。
せっかくならちゃんちゃんこも着て撮影したくなるでしょうが、その点も問題ありません。
レストランによって、古希祝いのために紫色のちゃんちゃんこを貸し出してくれるお店もあるのです。

主役にちゃんちゃんこを着てもらい、みんなで記念撮影。
一生記憶に残る良い思い出となる古希祝いなりそうですね。

さらに個室の使用料が無料になったり、乾杯用のお酒がプレゼントしてもらえるなど、探せば東京都内では、いくらでも良いサービスのレストランが見つかります。

東京で古希祝いのためにレストランを選ぶなら、古希祝いを盛り上げてくれるサービスが充実しているお店を選びましょう。
楽しいお祝い会を、一緒に作ってくれる協力者を見つけることで、負担も少なく、主役を喜ばせることができるようになりますよ。

やっぱり70歳古希のお祝いには、家族揃っての食事が一番

古希のお祝いにはプレゼントもいいでしょうが、みんなが集まって行われる食事会も祝って貰う人が喜んでくれる贈り物になりますね。
家族揃ってのお祝いに食事会を開催する場合、どんなところを選んだほうが良いのでしょうか。

ゆったりできる温泉旅館

お祝いの食事会に合わせて、家族で旅行をしてしまうのもお祝い気分が高まって良いものです。
美味しい食事を用意してもらってのお祝い会を行った後は、そのままゆったりと温泉に浸かれるような宿なら、落ち着いて楽しむことが出来ますね。

そのまま泊まってしまえば帰ることを心配しなくてもいいですから、お酒も進みやすくなって盛り上がりますよ。

それに外で食事をしてしまえば、後の片付けなどの心配もありません。
楽しむことに集中できます。

予算にもよりますが、近場の旅館を選べば、行き帰りも楽。
土地感もありますから、出かけるのも苦になりませんよね。
気を遣わずに過ごせる環境なら、何より安心して楽しめるというメリットが得られるのです。

専用プランを持った宿泊施設

古希などの長寿祝いのために、専用プランを用意している宿泊施設もあります。
探してみるといいでしょう。

専用というだけあって、お祝いの食事会も縁起物などを中心としたメニューで組み立ててもらえます。
段取りも全て任せてしまえますから、簡単でいいですよ。

還暦ではおなじみのちゃんちゃんこも、古希用に紫色を用意しているところがあります。
レンタルで記念写真撮影をしてしまえば、無駄もありません。

ちゃんちゃんこは食事会の席で盛り上がるアイテムです。
でも、購入してしまうと後の処分に困ってしまいますからね。
レンタルで使えれば、盛り上がりを楽しめながらも、後のことを心配しなくていいので、非常に大きなメリットを得られるのです。

いつもは行かないようなレストランなどで食事をしてもいいでしょうが、やはり落ち着いて楽しむには宿が一番。
温泉や専用プラン、レンタルなどを活用し、参加した人みんなが楽しめる、お祝いの食事会にしていただければと思います。

意外と迷う?70歳古希のお祝いプレゼントの決め方

70歳の古希を祝うお祝いプレゼントを決めるのに、初めてで迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。
どんなプレゼントがタブーとされているのか?
また喜んでもらうために選ぶべきプレゼントについて知識を持っておきましょう。

縁起の悪いものは避けたほうが無難

お花は特に女性ならほぼ間違いなく喜んでもらえるプレゼントですが、その種類には注意が必要です。
椿やゆりのように花が首から落ちるものは、死を連想させてしまいますので、タブーと言われています。

また、寒色系の白や青を基調とした花は、葬儀や仏事で使用される供花のイメージがあります。
避けましょう。

お茶はこれからの生活で欠かすことのないものでしょうが、これも香典返しのイメージがついてまわるもの。
良くありません。

これら縁起の悪いものは、せっかくのお祝いに水を差す結果にもなりかねません。
避けるに超したことは無いでしょう。

同じように年齢を感じさせてしまう贈り物も、良い結果は見込めません。
例えば、老眼鏡のように老いてから使うものもプレゼントから外しておいてくださいね。

渡すなら若さを感じる喜ばれる物

年寄り扱いされているようなプレゼントは問題がありますが、逆は大丈夫です。
例えば、パソコンやスマートフォンなどの電子機器は、若さを感じさせます。
良いプレゼントになるでしょう。

最近では使える人も増えている世代ですが、それでも目は弱ってきています。
目に負担がかかりにくいように設定してから、渡してあげれば親切です。

また、趣味に使えるようなプレゼントも喜ばれます。
釣りや登山などのアウトドアを楽しむ方には、屋外で使いやすいような高機能の腕時計もいいですね。

ただし腕時計の場合、勤勉さというイメージもあって、フォーマルな対応を求められる相手にはタブーとなるケースもあります。
注意してください。

プレゼントした相手が喜んでくれるものであれば、目的は達成できるといえます。
ただし、最低限度のタブーは避けておくことが大切。
古希のお祝いなのです。
気分を害してしまうものだけは避けるようにしてくださいね。

お祖母ちゃんの古希プレゼントに帽子を贈るなら

おばちゃんが古希を迎えるとなったら、何かしらの形でお祝いをしてあげたいと思うでしょう。
古希祝いをする際には何か贈り物をする方がより喜ばれますし、思い出に残ります。
でも、いざ古希プレゼントをしようと思っても何を贈れば良いかってなかなか難しいですよね。

そこで今回はおばあちゃんの古希プレゼントにおすすめの帽子をご紹介。
夏には日よけに、冬には防寒にと、帽子って意外と役に立ちます。
頭を守るという意味でも重宝されますよ。
おばあちゃんにおすすめの帽子とはどのようなものなのでしょうか?

帽子はひとつ持っているだけで、ファッションにインパクトを与えることができます。
おしゃれなものを贈りたいですよね。

おばあちゃんにおすすめなのが、ターバンタイプの帽子。
お洒落に髪の毛をまとめたり、風が吹いて髪の毛がまとまらない時、毛髪が少なくなったのをカバーしたり、白髪をカバーしたりというコンプレックスもおしゃれにカバーしてくれるのがこの帽子です。
頭に優しくフィットするうえ、吸水性もあるので、汗をかきやすい方にもおすすめ。

最近人気なのが、ベレー帽です。
若い世代の人もよくかぶっているのを見かけますが、ベレー帽独特の可愛さが、おばあちゃんに可愛らしさをもたらしてくれますよ。
シャツにもコートにも、セーターにもブラウスにも、そしてパンツスタイルにもスカートにも、どんなファッションにもピッタリ。
ひとつ持っているだけで大活躍します。
色は流行りのボルドーやベージュがおすすめですね。